読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょいと、いばらきに家建てます。

東京を出て、茨城に家を建てることにしましたよ。

最終確認の前夜のモヤモヤ。

家づくり

ついに、ついに…。

明日は現地で最終確認です。

実際の建物を現場担当と一緒にチェックして、施工の不備がないかを確認します。

 

↑それなのに、ずーんと気分が重い。というのも、2つの心配事があるから。

 

【その1】バルコニーの軒天の色聞いてないよ問題

 

軒天(のきてん)とは、軒先を見上げたときに見える裏側にある天井のことです。じつはわが家、建て始めてからバルコニーの軒天の色が外壁の色と全然違い、そこだけかなり浮いていることに気づいたのです。

 

「えっ、この色、、私たち指定した覚えがないんですけど」

 

と、現場に足を運んでから発覚。

設計担当も「説明しておらず、申し訳ありません」と。

なんと、それから1ヵ月経っていますが、まだ対応策が決まっていません。明日話し合うことになっています。

 

【その2】カーテンレールいつの間にかついてた問題

 

カーテンは私たちのお気に入りのお店で頼むことになったのですが、カーテンレールがどの高さにつくのかがわからず質問していたら設計担当から「窓上10cm程度です」との回答メールが。

 

いや、、程度って…?それじゃあカーテン屋さんに伝えられないということで改めてインテリア担当にもう一度確認したら、「確認します」と待たされ、結果「既に窓上10cmに取り付けられていたみたいです」と。

 

チーン…。

 

希望していた既製品のカーテンがぎりぎり使えるかというレベル。わが家、一体どうなっちゃうの??

 

不安しかない。